私は4歳の頃から小児喘息を患い、それ以来ずっと喘息の薬を様々に服用してきました。

飲み薬だとベネトリンやムコダイン、テオドールなど、吸入式の薬だとフルタイドやメプチンなどを処方されて使ってきました。

それでも症状が改善されないときは通院し、大きな吸入器で吸入処置を受けたり、点滴を受けたりと特に小さな頃は大変でした。

私が高校生くらいになると治療が進歩したのかホクナリンテープという皮膚に貼って気管を拡張し、症状を和らげるという治療法を受けられるようになりました。

それまではステロイドも含め、薬をガンガン服用していたので、両親は薬による副作用をとても心配していました。

薬はなるべくなら飲ませたくないと両親は考えていたので特に母親は薬に関して色々調べたり神経質になっていました。

そんな矢先にホクナリンテープを紹介してもらい、すぐにそちらを使うようになりました。

ドクターの話では飲み薬を服用するよりもホクナリンテープのように湿布感覚で貼付するタイプの薬の方が副作用が少なく身体に害が少ないとのことでした。

実際、これまでは喘息発作の予防のために飲んでいた飲み薬もありましたが、ホクナリンテープを使い始めてから、症状が出たときだけテープを貼れば良いので身体から薬が抜けていったように感じ他にあったアレルギー症状も軽減されたように感じます。

今では発作が起こることもほとんどなく、たまに風邪をひいてしまったときに処方してもらうだけでよくなりました。

ホクナリンテープら小さなお子さんも使えるので飲み薬の副作用などに抵抗がある人にはおすすめです。

また、一度貼れば24時間効果が持続するので薬の飲み忘れなどがある人にもおすすめです。

詳しく調べたい方はこちら⇒あんしん通販薬局の通販